ソフトバンクのiPhoneで使える格安simがU-mobileで開始


日本通信がソフトバンクと長い期間をかけて交渉していた、ソフトバンク回線でのMVNO。
総務省があいだに入り色々と調整していましたが、2017年3月22日からサービス開始になります。

これは日本通信と提携しているU-NEXTが手がけるU-mobileでも「U-mobile S」というプランで開始になりました。

ソフトバンク格安SIMの料金プラン

2017年3月22日から始まった、b-mobileとu-mobileの料金プランは同じ金額です。

料金プラン

データ容量 月額料金
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

この他に初期手数料3,000円がどちらもかかります。
プラスしてU-mobileのほうだけ、SIM発行手数料384円がかかります。

このプランのターゲットは?

iPhoneは2015年5月以前のものはSIMロック解除できません。
具体的な機種はiPhone5、5c、5s、6、6plusが該当します。

ソフトバンクでiPhoneを使っていた人は、格安SIMにソフトバンク回線を使ったサービスが無かっため、格安SIMに移行したい場合はソフトバンクを解約するしかありませんでした。
わたしもiPhone5sをソフトバンクで利用していましたが、格安SIMを利用したくなりソフトバンクを解約しました。
格安SIMを使いたいかたは、ここ数ヶ月で既にソフトバンクを解約しスマホ本体も買い換え、移行しているでしょう。

その解約時に該当のiPhoneを処分せずに持っている方にとっては、データ通信専用として再度使う用途として使えるでしょう。

データ通信専用?と思った方も多いと思いますが、そうなのです。
今回のプランは音声付きもSMS対応もなく、データ専用SIMなのですから。

SMS・通話に対応しない、2台持ちのためのSIM

U-mobileの『U-mobile S』のページには、

SIMロック解除が可能となったiPhone 6s 以前の端末をお使いの方に、
これまでMVNOという選択肢はありませんでした。
U-mobile S なら、昔使っていたiPhoneを蘇らせ、理想の2台持ちが叶います。

と冒頭に書かれています。
利用用途としてはこれくらいなのでしょうね。

電話もあまりかけなくなっているし、今さら2台持ちわざわざするかなぁ・・・という感じが。
iPhoneも既に処分している人が多いようにも思いますし。

しかも、データ専用simとしては高い気も・・。

Apple Watch Series2との組み合わせでの利用は?

Apple Watch Series2を買って、Suicaとして利用するために使うということも可能かもしれませんが、iPhone5だとApple Payには対応していないようなので、二の足を踏んでしまいます。

やっぱり2台持ちで、ネットやアプリを使うデータ専用で使うことしかありませんね。

現在10,000円分のiTunesカードが当たるキャンペーン中

リリーズ記念で4月末までに申込み、6月1日時点で継続利用しているかたの中から抽選で10名にiTunesカードが当たるキャンペーン中です。

眠っている、ソフトバンクのiPhone、iPadをお持ちの方は検討してみては。
U-mobile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA