U-NEXTとAmazonプライムビデオを比べてみました

 U-NEXTAmazonプライムビデオ
月額料金1,990円(税抜き)年会費3900円(税込)
または、月400円
ポイント毎月1,200円分
(無料お試し時600円)
なし
支払い方法クレジットカード
キャリア決済など
クレジットカード、キャリア決済など
作品配信数約120,000本
見放題8万本
レンタル4万本
約28,000本が見放題
会員数100万件以上非公表
スマホアプリ
専用端末U-NEXT TVFire TV/Fire TV Stick
9,800円4,980円〜
オリジナルコンテンツなし
アダルトなし
電子書籍Prime Readingで無料
雑誌読み放題Prime Readingで無料
音楽スマホでUSEN(490円)Prime Music 100万曲が聴き放題

アメリカでは以前から提供されていた、Amazonプライムビデオ。
NETFLIXの開始に合わせたかのように、日本でも2015年の9月下旬からサービスが始まりました。

コンテンツ、サービスが多くて安いのがAmazon

当初は作品数が少ないと揶揄されていましたが、現在は充分な作品量があります。

見放題のプライム対象作品は、35,000本以上はあります。(2017年9月現在)
プライム対象外の作品も、時期によっては100円レンタルしていたりと、チェックしているとかなりお得に作品が見れます。

オリジナルコンテンツも魅力のひとつ

NETFLIX同様、Amazonもオリジナルコンテンツに力を入れています。

日本制作で吉本興業とタッグを組んだバラエティ番組も多数作られました。
個人的には、「今田×東野のカリギュラ」がかなり好きです。

他にも、日本初上陸の海外ドラマ、ハッカーの世界を描いた「ミスターロボット」などの作品も配信しており、安くて良質なコンテンツが揃っている印象です。

作品数は他のサービスに見劣りしないくらい揃っていますので、家族で見るにはいいでしょう。
気軽に楽しむには一番かもしれません。

テレビ視聴用端末も安い

動画配信サービスの開始に合わせて、テレビ視聴用端末も発売になりました。

しかも、専用ではなくてHulu、ニコニコ動画、NETFLIX、GYAO!、U-NEXT、などなどアプリをインストールすれば様々なコンテンツに対応しています。ゲームなども楽しめます。

このFire TV 、Fire TV Stickを発売してから、同じような用途のChromecastの取り扱いをAmazonではしなくなりましたね。

このChromecast不買問題を受けて、YouTubeのアプリがFire TVからは無くなっています。
SILKやFirefoxなどのブラウザアプリが変わりに加わりましたが、操作しづらいです。

プライム対象のアダルト作品はありません

Amazonがプライムビデオではなく、インスタントビデオと名乗っていた時代には、かなりアダルトコンテンツが充実していましたが、プライムビデオが始まる少し前に姿を消していました。
子供向けコンテンツも豊富にあることなので、子供がご操作で観ないようにという配慮もあるのでしょう。

グラビアアイドルやAV女優のイメージビデオや、お色気映画はレンタル・購入にありますが、いわゆる本気のアダルトは動画配信には残っていません

動画配信でのアダルト動画配信は辞めてしまいましたが、DVDなどの販売は継続しています。

アダルトの滝に打たれたい方は、U-NEXTDMM見放題chライトへ直行しましょう。

とりあえず、Amazonプライム会員になっていて損はないかも

Amazonで買い物を年間に何度もする方で、レンタルビデオを月1回以上利用する方ならプライム会員になって損はないでしょう。
プライム会員になれば、

  • お急ぎ便が使い放題などの配送特典
  • Amazonパントリーで日用品や消耗品を購入できる
  • Kindleやfireタブレットを持っていれば、毎月電子書籍が1冊タダで読める
  • Prime Readingで対象の本、雑誌が読み放題
  • Prime Musicで100万曲が聴き放題

などのサービスがついて、さらに映画やドラマも相当数が見放題。

金額が安いので、とりあえず入っておいておくのは悪くないと思います。
だって、月にコーヒー1杯くらいの金額ですから。

見たい作品がなかったり、雑誌の読み放題の利用アダルト作品を楽しみたい方は、U-NEXTに追加で入るくらいな感覚でも悪くないと思いますよ。

Amazonプライムビデオはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA